働き方インタビュー 第3回 松原 由紀さん

こんにちは!ウーマンネットアカデミー&コンサルティングです。

シリーズ第3回目にご紹介するのは、ネットショップ開業歴

10年、ネットショップアドバイザーの松原 由紀さんです。

 

3人のお子さんの子育てに奮闘しながらも、授乳ケープなどのオリジナル商品の開発も手がけていらっしゃいます。

ヤフオクをはじめ、Amazon、メルカリ、ジモティーなど幅広く出品もされており、豊富な知識、ノウハウを持つ頼れるネットショップアドバイザーです。

 

 

 

 

 

Q1.なぜ今の働き方にしたのか?

 

子育てを一番に考えたかったので、子供との時間を持てるような働き方をしたかったからです。

子供がまだ小さいときに何か家でできる仕事がないかなと思っていて、たまたま友人に誘われた女性起業支援セミナーに参加しました。そこで配布された資料の中に授乳服を作っている人がいたんです。

そこからインスピレーションが湧き、授乳ケープですっぽり被れる使いやすものがないなと思い、友人と作ってみることにしたのがきっかけです。

 

Q2.自分でやっている醍醐味、楽しいところ

 

現在友人4人とショップを経営していますが、一緒にやっているとポンポン新しいアイディアが出てきて、それを商品化に向けて試行錯誤したり、結果自分たちの想いが形になるところがとても楽しいです。

 

Q3.会社員とは違う メリット、デメリット

 

<メリット>

時間を自由に使えるところです。

 

<デメリット>

収入が安定しないので、どういう状態でいるのが自分が幸せなのかと常にマインドを整えていないといけないところです。

 

Q4.今後目指していること

 

子育て真っ最中のお母さんが笑顔になれるために自分が思い描いている色々な事を実現させていきたいです。

現在新しくおんぶ紐の商品化に取り組んでいます。日本製にこだわり、こうだったらいいなと思える機能を取り入れ、必要としてくださる皆様のために楽しみながら頑張っています。    

 

Q5.1日のスケジュール